柿谷カウンセリングセンターはリアリティセラピー(現実療法)を主とし全人的アプローチを目指していす

致命的7つの習慣

OOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO

心と体の健康

OOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO

「心と体の健康」 -致命的7つの習慣-(2000年12月17日)---第45号

このメールマガジンは、不定期に発行されます。

読者からこんなメールを頂きました。

「不幸な人の7つの習慣」を知り、私にも心あたりがあって、 気をつけよう、と思いました。しかし、これから具体的に どういう行動をとったらいいかよくわかりません。 ここで紹介されているグラッサー博士の「15人が選んだ幸せの道」を 読んだら、私にも理解できるでしょうか?、、、、、、、、、、、、、、

以上がメールの内容でした。『グラッサー博士の選択理論』を読めば、外的 コントロールでなく、どのように人と接するかが分かります。この選択理論を 使ってカウンセリングをするとどうなるかが、『15人が選んだ幸せの道』で分 かります。人間関係をよくしようと思えば、どちらも有益な書物です。初めて の方のために、再度致命的な7つの習慣を列挙しておきます。①批判する、 ②文句を言う、③ガミガミ言う、④責める、⑤脅す、⑥罰する、⑦ほうびで釣る。

ある人はこれを止めるとなると、一言も言わないで一日を過ごさなければなら ない、と言われます。それも一つの方法かもしれません。しかし、身につけたい 7つの習慣もあります。①気づかう、②耳を傾ける、③支援する、④貢献する、 ⑤勇気づける、⑥信頼する、⑦友好的に関わる。

何も言わないのは、批判するよりいいかもしれませんが、「おはよう」「ありがとう」 程度は言えるのではないでしょうか。「調子はどう?」と気づかうこともできます。自分 が話す代わりに、相手の話をじっくり聴くこともできます。何かの手助けもできます。 役立つことをすることも可能です。人を励まし、勇気づけることもできます。とくに子ど もに対してはこの「勇気づけ」が重要だと思います。「がんばっているね」「よくできた ね」「笑顔がいいね」「いい返事だね」「時間に間に合ったね」、、、、。何かを言おうと するときに、これを言うことは相手との距離を引き離すか、接近させるかと考えること です。引き離すことは言わないことです。そして引き離すことはしないことです。

私と妻の周辺では、『選択理論』を読み、劇的に夫婦関係、親子関係が変わった方々 がいます。教師の中にも、生徒から「先生変わったね」と言われている人もいます。